ALBの特徴

  1. 回路のドキュメントと設計データを統一的に管理でき、ドキュメント表示と設計表示の切り替えが簡単にできる
  2. ALBには、アナログ回路のネットリスト、回路図(絵柄)、回路動作の説明などを登録することができる
  3. 設計情報、コメント、説明図などの変更履歴が記録される
  4. シミュレーションにより回路の動作確認をおこなうことができる
  5. ALBは、SpectreHSPICELTspiceSIMetrixなどアナログ回路設計に標準的に用いられるシミュレータをサポートする(ただしALBサーバで動くのは基本的にLTspiceのみであり、そのほかのシミュレータの場合、回路データをローカルにダウンロードし実行する)
  6. 回路がCadence社のADEArtist)で設計されている場合、簡単な操作により回路データをALBに取込むことができる
  7. ユーザの設計データはプロジェクトという単位で管理され、ユーザ、プロジェクトごとに細かくアクセスを制御することができる
Comments