Octaveスクリプト入門

Qucsオクターブスクリプトhttp://www.octave.org参照)の開発に使うこともできますこのドキュメントでは、これを行う簡単な方法を説明します。

ユーザーが、新しいテキストドキュメントを作成し、オクターブの拡張子を使ってそれを保存した場合
(例えばname.m)、そのファイル、アクティブなプロジェクトオクターブファイル一覧表示されますスクリプトは、F2キーまたはツールバーのシミュレーションボタンを押すことで実行します出力は、デフォルトでは右側に自動的に開くオクターブウィンドウで見ることができますオクターブ·ウィンドウの下部には、ユーザーが1つのコマンドを入力することができるコマンドラインがありますこれは、カーソルのアップ/ダウンキーで使用することができる履歴機能を有しています

データセットファイルからQucsシミュレーション結果を読み込む2つのオクターブ関数:
loadQucsVariableloadQucsDatasetがありますそれらについての詳細を学ぶには、Octaveコマンドラインでヘルプ機能を使用してくださいそれには、help loadQucsVariableとhelp loadQucsDatasetとタイプする)。

後処理

OctaveをQucsシミュレーション結果自動的な後処理のために使用することもできますこれをするには、回路図のデータディスプレイファイルファイルメニューのDocument Settingsを編集します同じプロジェクトから、Octaveスクリプトファイル名ファイル名の拡張子Mを入力すると、シミュレーションが終了した後にこのスクリプトが実行されます

back to the top

Comments