最適化入門

回路の最適化のためにQucsASCOツールhttp://asco.sourceforge.net/)を使用しますあなたの回路図を準備し、実行して結果解釈する方法について以下に簡単に説明します。この機能を使用する前にASCOを、コンピュータにインストールしておく必要があります。

回路の最適化とは、コスト関数の最小化以外の何ものでもありませんこれは、デジタル回路遅延または立ち上がり時間またはアナログ回路の消費電力または利得とすることができます。そのほかの可能性は、最適化問題を関数の組み合わせとして定義すること、それにより、性能指数定義することになります。

ネットリスト最適化のためにセットアップするには、2つのものを、既存のネットリストに追加する必要があります:方程式複数可および最適化コンポーネントブロックの挿入です。1回路図をもとに、2に示される回路図になるまで変更してください。

image0_EN

図1 起点になる回路図

image1_EN

図2 準備のできた回路図

さて最適化コンポーネントを開き、最適化タブを選択します。既存のパラメータの中では‘Maximum number of iterations’繰り返しの最大)、 ‘Constant F’ ‘Crossing over factor’特別な注意が払われるべきです過剰または過小な評価オプティマイザ不十分な収束や非常に長い最適化時間をもたらします。

image2_EN

.図3 最適化のダイアログ、アルゴリズムのオプション

図4に示すように、Variablesタブでは、どの回路要素を許容範囲から選ぶかを定義します。変数名は、部品のプロパーティに置いた識別子に対応するものであり、部品の名前ではありません。

image3_EN

図4 最適化のダイアログ、変数のオプション

最後にGoalsのところには、最適化の目標(最大化、最小化と制約以下より大きい等しく)が定義されています ASCOでは自動的にそれらを組み合わせて単一のコスト関数とし、最小化を行います。

image4_EN

図5 最適化のダイアログ、目標のオプション

次のステップは、回路図を変更し、最適化されるべき回路要素を定義することです得られた回路図を図6に示します

image5_EN

図6 新しいQucsのメインウィンドウ

最後のステップは最適化を実行して、すなわちF2キーを押してシミュレーションすることです最新のコンピュータ数秒で終了し最良のシミュレーション結果はグラフィカルな波形ビューアに表示されます。

image6_EN

Figure 7 - Qucs results window.図7 Qucsの結果ウィンドウ

最適化ダイアログのVariables タブで、見つかった最良の回路サイズを確認できます。それらは、導入された変数のinitialと表示された値(図8)です。

image7_EN

図8 最良の回路の各サイズ

back to the top

Comments