インストールされるファイル

Qucsシステムには、いくつかのプログラムが必要です。それらは、インストールプロセスの間にインストールされます。Qucsのパスは、インストールの間に(configure スクリプトで)決められます。以下の説明では、デフォルトのパス(usr/local/)を想定しています。

  • /usr/local/bin/qucs - GUI
  • /usr/local/bin/qucsator - シミュレータ (コンソールのアプリ)
  • /usr/local/bin/qucsedit - シンプルなテキストエディタ
  • /usr/local/bin/qucshelp - ヘルプシステムを表示する小さなプログラム
  • /usr/local/bin/qucstrans - 伝送線路のパラメータを計算するプログラム
  • /usr/local/bin/qucsfilter - フィルタ回路を合成するプログラム
  • /usr/local/bin/qucsconv - ファイル形式のコンバータ(コンソールアプリ)

すべてのプログラムは、スタンドアローンのアプリで、別個に起動することができます。メインプログラム(GUI)は

  • シミュレーションを実行する時に qucsator を呼び出します
  • テキストファイルを表示する時に qucsedit を呼び出します
  • ヘルプシステムを表示する時に qucshelp を呼び出します
  • “Tools”メニュからこのプログラムを呼び出す時に qucstrans を呼び出します
  • “Tools”メニュからこのプログラムを呼び出す時に qucsfilter を呼び出します
  • SPICEの部品を配置しSPICE部品を使ってシミュレーションを実行する時に qucsconv
    を呼び出します

さらに、インストールの間に、以下のディレクトリが生成されます:

  • /usr/local/share/qucs/bitmaps - すべてのビットマップ(アイコンなど)を含みます
  • /usr/local/share/qucs/docs - ヘルプシステムのためのHTML文書を含みます
  • /usr/local/share/qucs/lang - 翻訳ファイルを含みます

コマンド行の引数

qucs [file1 [file2 ...]]

qucsator [-b] -i netlist -o dataset (b = progress bar)

qucsedit [-r] [file] (r = read-only)

qucshelp (no arguments)

qucsconv -if spice -of qucs -i netlist.inp -o netlist.net

back to the top

Comments