ALBのフロントエンドをapacheにかえる

2010/07/25 19:03 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2010/08/01 19:05 に更新しました ]
目的
  1. ALBサーバを複数立ち上げ負荷分散することにより、ALBの応答性を改善
  2. ALBのオンラインドキュメントの表示スピードを劇的に改善
  3. Gyazoサーバ技術を利用することでデスクトップ上の画像をALBに簡単に取り込める
    注意: Gyazoクライアントは、上記のgyazo.comからではなく、ここからダウンロードしてください
apacheのインストール
  1. rootでバイナリをインストールできる場合は、技術情報(メモ)->インストールメモ->buntu 10.04サーバのapache2でRAILSをproxy_balancerするを参考にしてください
  2. ALB用にコンパイルしたバイナリはwww.expert-designers.orgのALB試用/Personal版サポートのページのキャビネットにおきました
    ダウンロードし、ホームで展開するとanagix_tools/apache2が作成されます
  3. ソースからインストールする場合は、ここからhttpd-2.2.16.gzあたりをダウンロードする
    aprも必要なので、ここからapr-1.4.2.tar.gzあたりをダウンロードする
  4. aprのインストール: ユーザanagixでaprを展開し、
    ./configure --prefix=/home/anagix/anagix_tools/apache2
    make&&make install
  5. apache2のインストール: httpd-2.2.16.gzを展開し、
    ./configure --prefix=/home/anagix/anagix_tools/apache2 --with-included-apr --enable-so --enable-cache --enable-mem-cache --enable-proxy --enable-proxy-balancer --enable-rewrite=shared --enable-ssl=no --with-mpm=worker
    make && make install
  6. 以上で、apache2は、/home/anagix/anagix_tools/apache2にインストールされる
proxy_balancerの設定
  1. 技術情報(メモ)->インストールメモ->Ubuntu 10.04サーバのapache2でRAILSをproxy_balancerするを参考にして設定してください
  2. ポイントは、以下の点です
  • ユーザ名anagix(一般ユーザ)でhttpdを起動する場合80番ポートは使えないので8080などに変更する
  • httpd.confに以下を追加
    ProxyPass /alb_docs/ !
    ProxyPass /cgi-bin/ !
    ProxyPass /myGyazo/ !

    ProxyPass / balancer://mycluster/
    ProxyPassReverse / balancer://mycluster/
    <Proxy balancer://mycluster/>
      BalancerMember http://127.0.0.1:3000 loadfactor=20
    #  BalancerMember http://127.0.0.1:3001 loadfactor=20
    Order deny,allow
    allow from all
    </proxy>
apacheとALBの起動
  1. ALBは、/home/anagix/anagix_tools/albから、以下のコマンドで起動する
    ./alb -e production -p 3000
    Proxy balancerを機能させるには、./alb -e production -p 3001 も起動し、
    httpd.confで、 3001の分のコメント(先頭の#)を取る
  2. apacheの起動
    /home/anagix/anagix_tools/apache2/bin/apachectl start
    注意: Ubuntu サーバでバイナリをインストールした場合は、sudo /etc/init.d/apache2 start
Comments