技術資料(メモ)‎ > ‎KDE‎ > ‎

キーボードショートカットの設定

2016/09/12 18:57 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2016/09/15 19:35 に更新しました ]
NeonとLinux Mint 18 KDE での設定
”ALT+‘” をMozcでの日本語入力モードにする
 ・KDEシステム設定 -> グローバルキーボードショートカットで、KDEコンポーネントとしてKWinを選択
  ALT+` が Walk Through Windows of Current Applicationになっているので削除する
       Mozcの設定ー>全般の設定で、入力メソッドの変更をCTRL+SpaceからALT+`に変える
 ・Vivaldiの設定変更
  設定-> デザインで、メニューをVivaldiボタンから横メニュに変える
   (そうしないとALTボタンでメニューが出てきてしまい、日本語入力モードにならない)

Comments