技術資料(メモ)‎ > ‎proot‎ > ‎

AURを使うための準備

2017/12/22 19:59 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2017/12/25 5:48 に更新しました ]
BUILDSCRIPTのあるところでmakepkgすると、fakerootにエラーがでる。IPCが使えないのが問題みたい。
fakerootを、fakeroot-ipcに置き換える。https://github.com/mackyle/fakeroot/blob/macosx/INSTALL

(記憶があやしいが、fakeroot はAURに入っているけどmakepkgするとfakerootでコケるのでmakepkgがはつかえない。???)
なので、git cloneしてfakerootで./configure すればよいのだが、autotoolsをつかってautoconfとかautomakeとかやらなければ
ならない。なんとかmake installできたが、/usr/local/binに入る。pacman -R fakerootで/bin/fakerootを消した。
AURのtermcapをmakepkgできたが、これはtermcapのデータベースをつくるものではなかったぽい。TERMをvt100にすれば
何もしないでもよかった???
Comments