RaspberryPi

RaspberryPi Zero WのWiFi接続
 RaspbianのDesktop( Debian Stretch Version: September 2017, Release date:2017-09-07)をいれたがdocに書いてるようなconnnectivityのメニュはでなかった。
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?t=192613を参考に wpa_supplicant.confを以下のように作成したら動くようになった。/bootにもコピーした。

country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
        ssid="aterm-4543db-g"
        #psk="18130cc271dd4"
        psk=652bb9a368a4378a9cc9ef932ef1618363b8c03b25c53f4a3124ab1e549c5406
        key_mgmt=WPA-PSK
}
 どれが効いたのかはわからない。
PIXELがはじめて乗った古いイメージでは、Pi zero(Wではない)にUSB-LANカードw容易に認識した。このイメージは、残念ながらzero Wでは動かなかった。
注: zero Wは、Raspbian 2017-03-02版 からサポート

Pi Zeroに通常のUSBケーブルつなぐだけでIP接続できるようにできる
 やりかたはRaspberry Pi ZeroをUSBケーブル1本で遊ぶ に書いてるとおり
 ・Windows 10ではCOMポートに認識されるという問題があるが、上記の書き込みにあるとおり、
   私の場合Windows版bonjourをインストールした
   USBポートからの給電だけでは正常動作せず、電源ポートも接続するとssh pi@rasberrypi.local できた。
      電源ポートを先に接続してRaspberryPiを起動したあとで、USBポートを接続するとよい。
  Windowsのデバイスマネジャのネットワークアダプタで、USB Ethernet/RNDIS Gadgetに!マークがついて正常動作してない場合は、一度無効にし、また有効にすれば良い
 ・WindowsのICSの設定では、現在PCがネットに接続しているネットワーク(私の場合イーサネット)のProperty->共有
  で、接続を許可するネットワーク接続として、私の場合 Raspberrypiを接続しているUSBであるイーサネット3を指定した
 ・Pi-Kitchenというシステムで、設定できるようですが、なんだか面倒くさい
 ・PiBakeryのほうがGUIベースで使いやすそう。使用例のなかに、Set Pi XZero OTG Mode to Ethernetというのが見えるので多分できる。
 (注意) raspberrypiからpingしたとき、ping: icmp open socket: Operation not permitted - Linuxブログ
    に書いてあるとおり、sudo chmod u+s /bin/pingしたら解決した
 ・Linuxマシーンで、avahi-daemonを使い、同様のことを試みたが、raspberrypi.localが、avahi-browse -alrには表示されるものの
  接続はできなかった
Etherとserial同時に使う方法: G_serial and g_ether simultaneously


qtbindingsのインストール
 Ubuntuなどと同様に必要なツールcmakeとかライブラリとかいれて gem install すれば、問題なく入る。すばらしい。

VLCを使ったビデオストリーミング
http://kotohazime.blogspot.jp/2013/05/raspberrypihttprtsp.html

#HTTPで配信
2.raspivid -o - -t 9999999 -w 800 -h 600 --hflip | cvlc -vvv stream:///dev/stdin --sout '#standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}' :demux=h264
3.#RTSPで配信
4.raspivid -o - -t 9999999 -w 800 -h 600 --hflip | cvlc -vvv stream:///dev/stdin --sout '#rtp{sdp=rtsp://:8080/}' :demux=h264

1.#HTTPで配信し始めた人
2.http://RPI_IP:8080/
3.#RTSPで配信し始めた人
4.
rtsp://RPI_IP:8080/

RubyでLチカ
  1. apt-get install ruby-dev
  2. gem install pi_piper
  3. Fritzingで回路図を描いてみる
  4. pin23に 抵抗とLEDをつなぐ(アノードが足長い方)
  5. 以下をruby で実行
require 'pi_piper'
pin = PiPiper::Pin.new :pin => 21, :direction => :out
loop do
  pin.on
  sleep 1
  pin.off
  sleep 1
  end

RubyでLチカ(PWMで明るさをかえる)
参考: Raspberry Pi 電子工作
  1. gem install wiringpi
  2. pin18に抵抗とLEDをつなぐ
  3. 以下を実行

require "wiringpi.rb"

LED = 1

s = WiringPi::GPIO.new

s.mode(LED, PWM_OUTPUT)

20.times do

  (0..1023).each do |x|

    s.pwmWrite(LED,(1023 -x))

    puts "#{1023 - x }"

    sleep(0.001)

  end

  (0..1023).each do |x|

    s.pwmWrite(LED, x)

    puts x

    sleep(0.001)

  end

end

Comments