MFT2017でのデモのためにローカルネット構築

2017/08/15 22:34 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2017/08/15 22:53 に更新しました ]
Windows10のWSL上でALBサーバ起動。Dell Inspiron1626にLinuxMint18.2(Mate)をクライエント接続。
WindowsのIPを192.168.10.1、Dellを192.168.10.2に固定する。WSLにサーバを設置してもよかったかもしれないが、
この方法だとWindowsの設定をいじらなくてすんだ。
(1)Dell にISC-DHCPサーバをインストール
  apt-get install isc-dhcp-server
(2)メニュの設定から、ネットワーク接続をDHCPから固定IPに変更
  IPv4を、アドレス:192.168.10.2, ネットマスク:24,ゲートウェイ:192.168.10.1
  DNSサーバは、192.168.10.1にしたがWindowsのネットワーク共有がうまくいかなかったので意味なし
(3)/etc/dhcp/dhcpd.conf に以下の記述を加える:
subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
  interface enp3s7;
  range 192.168.10.10 192.168.10.30;
  option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4;
  option routers 192.168.10.1;
  option subnet-mask 255.255.255.0;
  default-lease-time 600;
  max-lease-time 7200;
}

host anagix-11 {
  hardware ethernet 28:d2:44:82:8d:e4;
  fixed-address 192.168.10.1;
}
  この設定により、Windowsでは何もしなくても、IPが192.168.10.1に設定される。(これ便利)
(4)dhcpdを起動
  systemctl start isc-dhcp-server

注意: ping 192.168.10.1が通らなくても心配ない。windowsで pingに答えないようにしてるのだと思う。

(5)/etc/hostsの設定
  alb.anagix.comを192.168.10.1に設定
Comments