ニュース‎ > ‎

ALBのインストールがわずか13分でできるようになりました

2013/04/01 23:55 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2013/04/10 5:58 に更新しました ]
ALBおよびALTAは、さまざまなオープンソースソフトやフリーソフトを利用しているため、インストールに手間がかかるのが難点でした。Chefを使った新方式によりインストールは劇的に簡単になりました。Chefと
VirtualBoxは利用者にインストールしていただきますが、それ以外は基本的に全自動です。
ALTAはWindows上にインストールされます。続いて、ALBのインストールでは、まず、Windowsに仮想化ソフトを使ってLinuxをインストールします。ALBに必要なmysql、apacheなどのサーバを立ち上げ、各種設定を行い、ALB上でLTspiceを実行するために必要なwineのインストールまで実行するのにかかる時間がわずか13分でした(もちろんネットワークやマシーンの性能に左右されます。)

WindowsのOSは、XPから最新の8まで動作確認済みです。Linuxは、Ubuntu server 12.04(32 bit)を使用しています。既存のLinuxへの自動インストールも今後テストしサポートしていきます。UbuntuとCentOS6.3をサポートする予定です。

【ALBとALTAについて】
ALB(Anagix Library Builder)は、LTspiceの回路データを管理し、ドキュメントを付加することのできるソフト(Webアプリ)です。Linux版ALTAと連携して、CadendeとLTspiceの回路データを相互変換することができます。ALTAは、ユーザのPC(Windows,Linux,FreeBSD,MacOS)上でLTspiceなどのパーソナル回路設計ツールに回路データとSPICEモデルを提供するだけでなく、それらを補完してローコストだが多機能なアナログ回路設計環境を提供するものです。


Comments