ニュース‎ > ‎

アナログ・カスタムLSI開発を検討してみませんか

2012/11/19 19:06 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2012/11/24 23:55 に更新しました ]
11/14-16に開催されたEDSFairは、組込み(ET)展との同時開催が定着し、今年はEDA関連のブースを覗いたあるいは前を通り過ぎた設計者も多かったのではないでしょうか。同時開催以前は、EDA関係者だけの小さな集まりになっていたことを思えば、良い方向です。弊社は今年もKeirexさんのブースにパンフレットだけ置かせていただいて、ETのブースでアナログカスタムLSI開発に興味をもっていただけそうなところはないか探してみました。しかし、ETの技術領域はソフトからハードまできわめて広く、多種多様な生態系が入り交じっています。この分野にもアナログLSI開発技術が必要な人はいると確信してます。そこでET展参加者でたまたまこのページにたどり着いたかたがいらっしゃれば、聞いていただきたい。

アナログ・カスタムLSI開発は、考えておられるよりも、ずっと安く簡単にできます。PSoCやSmart Analogは試されましたか。それで、性能や消費電力には満足されてますか。いうまでもなくカスタム開発であれば、必要な機能だけを搭載し性能を追求することができます。半導体のファブはTSMCなどが知られていますが、ニーズに合わせて選ぶことができます。弊社のALBを使えば、Cadence用に提供されるPDK(Process Design Kit)をLTspice用に変換することができますので、最小の費用で回路検討をスタートすることができます。最後に不安が残るのはアナログ設計のノウハウですが、弊社のコンサルティングサービスはきめ細かにお客様のニーズに応えます。東京圏内であれば一回からでも一日コンサルティングをお受けします。sales@anagix.comまでお気軽にご相談ください。
Comments