ニュース‎ > ‎

スライド公開: ALBユーザによる回路最適化プログラムの開発とALBへの組み込み

2012/03/31 0:49 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2012/03/31 0:59 に更新しました ]
2012年3月29,30日に横須賀で開催された電気学会電子回路研究会での、講演スライドを公開します。前半余計なことをしゃべり過ぎて後半映すことのできなかったスライドが含まれています。

ALBでは設計情報を蓄積し再利用することができますが、さらに設計の手続きをプログラムとして組み込むことができます。ALBの機能の拡張は、ユーザレベルで可能です。ALBのユーザである法政大学で開発された回路最適化手法の組込みを例として示し、有効性を実証しました。回路最適化のノウハウをALBに取り込みさらに文書化することができるので、大学の設計手法や設計ノウハウを蓄積し共有する手段としても有効であると考えています。

この内容のWhite Paperを作成していますので参考にしてください。実際の回路設計問題に即した最適化プログラムを開発し、ALB上でその有効性を実証した法政大学大学院 工学研究科 電気工学専攻の横田君と小沼君、ご指導いただいている法政大学の安田先生、また回路設計者の立場から有益なコメントをいただいた西城和幸氏に深謝いたします。

アナジックスでは、ALBのソフトウェア開発環境を積極的にユーザに開放します。ユーザ自身による機能拡張が容易になるよう、今後も工夫していきます。

Ċ
森山誠二郎,
2012/03/31 0:49
Comments