ALBデータベースのバージョンアップトラブル対策

2012/09/18 1:53 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2013/03/25 5:02 に更新しました ]
CentOS4で、db:migrateを実行した際、cellsのschematic_viewがTEXTからMEDIUMTEXTに変換されないトラブルが発生した。

【トラブルの確認方法】
  mysqldump -u root -p -d alb_production cells > cells.sql のようにしてcellsテーブルをダンプし、cells.sqlの中の、
shematic_view がtextのままではないか確認する

【対策】
 mysqldumpでデータベースをダンプし、テキストエディタで、scehmatic_view がtextとなっているのをmedium textに
 置き換える
 mysqlに接続し、drop database&create databaseして空にし、ダンプしたsqlから再生成する

2013年3月25日現在 v1.49qでのmediumtextは以下の通り
    cells --- schematic_view
    ahdl_models --- description
    cell_implementations -- net list
    model_implementations -- description
    sections -- description

Mysql2::Error: MySQL server has gone awayエラーが出た場合の対策:

config/database.ymlに reconnect: true を追加するだけでは不十分だった。

http://www.tecnobrat.com/blog/2012/03/26/how-to-fix-mysql-server-has-gone-away-issue-when-using-mysql2-gem/ も解決ではなかった。

max_allowed_packetサイズ(デフォルトは1M)が十分でなかったため、mysqlサーバからresponseが返らないのが原因だったようだ。対策は、mysqldを起動する時に、 --max_allowed_packet=10000000のように指定する。
Comments