MacOSX(Lion)版ALB/ALTAのインストール

2011/12/13 17:14 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2012/06/20 23:30 に更新しました ]
【インストール準備】
1。cairo のインストール
 私は、Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew! で入れましたが、macportsなどお好きな方法で入れてください。

2。mysqlのインストールと設定
Download MySQL Community Serverより64 bit版dmgをダウンロード。生成される4つのファイルのうちread me以外をインストールすれば、システム環境設定にMySQLが入る。またブート時に自動起動になる。
以下の手順でmysqlに設定してください。
 a. mysql -u root でログイン
  create database alb_production;
      exit;
   名前はalb_productionでなくてもかまいませんが、後述のconfig/database.ymlと
 話をあわせてください。
 b. alb_productionにデータを入れる
 ALBのデータベースをsqlに変換したもの(alb_production.sql)があるとします。
   (mysqlが動いているALBがあれば、以下で作成(データベースをコピー)できます。
  mysqldump -u root alb_production > alb_production.sql )
   以下を実行すればデータが入ります。
   mysql -u root -p alb_production < alb_production.sql

3。apacheの設定
システム環境設定の共有で、Web共有が「入」になっていることを確認してください(2011/12/21追記)
/etc/apache2/httpd.confに以下を追加し、killall -1 httpd

ProxyPass /alb_docs/ !
ProxyPass /cgi-bin/ !
ProxyPass /myGyazo/ !

ProxyPass / balancer://mycluster/
ProxyPassReverse / balancer://mycluster/
<Proxy balancer://mycluster/>
  BalancerMember http://127.0.0.1:3000 loadfactor=20
#  BalancerMember http://127.0.0.1:3001 loadfactor=20
Order deny,allow
allow from all
</proxy>

4。 wineのインストール
 ltspiceをプログラムから起動するためにはwineをコマンドとして呼び出す必要があります
 Applicationsとしてインストールしたwineでは、これができないので、portsやhomebrewなどで/usr/local/binにインストールしてください。

5。ltspiceのインストール
 wine コマンドが入っていれば、wine LTspiceIV.exe でwindowsと同じインストーラが
 動きますのでその方が簡単かも知れません。その際、export LANG=C をしておくと文字
 化けしなくて良いです。
 ltsputilを別途インストールする必要があるので注意してください。
   ALB用にLinuxへLTspiceをインストール が参考になります。

6。Firefoxのインストールとmozreplの設定
 mozreplの設定は、FirefoxアドオンMozReplをインストール を参照してください。

7。gyazoサーバのインストール(オプション)
apacheに専用Gyazoサーバを立ち上げる を参考にしてください

【インストール】

1. ALBとALTAのインストール
  AnagixのALBサーバからAnagixALB.dmgとAnagixALTA.dmg
  をダウンロードしてApplicationsにインストールしてください。

 /Applications/AnagixALB.app/Contents/MacOS/config/database.ymlで以下の部分が有効になっているか
確認し、必要なら修正してください。

production:
  adapter: mysql2
  database: alb_production
  username: root
  password: 
  encoding: utf8

2. AnagixALTA_slave.dmg のインストール
  AnagixのALBサーバから
AnagixALTA_slave.dmgをダウンロードして、
 Applicationsにインストール
  Firefoxから回路を開くときに、AnagixALTA_slave.appを指定してください。

3. 以下のリンクを張る(現在のdmgでは必要ですが、将来不要にする予定です)

/Users/anagixがなければ作成してください。

ln -s /Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/bin /Users/anagix/anagix_tools/bin
ln -s /Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/share /Users/anagix/anagix_tools/share
ln -s /Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/lib /Users/anagix/anagix_tools/lib
ln -s /Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/include /Users/anagix/anagix_tools/include
ln -s /Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/qt-4.7.3 /Users/anagix/anagix_tools/qt-4.7.3
ln -s /Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/ssl /Users/anagix/anagix_tools/ssl

4。ALBデータベースのバージョンアップ (2011/12/21追記)
  ALBのデータベースをsqlに変換したもの(alb_production.sql)を作成したALBのバージョンが古い
  場合、以下の方法で、データベースをバージョンアップする必要があります
  端末を開き、
          
export PATH=/Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/bin:$PATH
  which rake で、以下が表示されることを確認 
    Applications/AnagixALTA.app/Contents/Resources/bin/rake
  rake db_migrate を実行
Database migration completed successfully と表示されればOKです
【動作確認】
1。ALBの起動
  ApplicationsからAnagixALBを起動
  DockでALBのアイコンがピョンピョンはねていればOKです。
      デバッグのため端末から実行する場合は、以下:
   /Applications/AnagixALB.app/Contents/MacOS/AnagixALB
  ブラウザでhttp://localhost:3000/にアクセス(30秒から1分くらい待ってください)
      apacheの設定が行われていれば http://localhost/ でアクセスできます
2。ALTAの起動
  ApplicationsからAnagixALTAを起動
  デバッグは、
    /Applications/AnagixALB.app/Contents/MacOS/AnagixALB
3。wineとltspiceの動作確認 (2011/12/21追記)
  AnagixALTA.appを起動してください。
  Tools --> Open --> LTspice で ltspiceのファイルを選択してください。
  ~/ALBDATAの下にALBからダウンロードされたものがあればそれを使ってください。
Comments