会社案内‎ > ‎

開発history

2009/1 会社設立
2009/4 軽井沢ワークショップで、アナログIPやSPICEモデルのライブラリ化をWeb上で行うためのシステムを発表
2009/8 最初の製品ALB(Anagix Library Builder)を限定公開
ALBは、Webブラウザ上で動作する回路設計環境であり、回路ライブラリの作成が容易であることが特徴
2009/11 回路設計の研究者を対象として、アナログ回路設計に関する研究成果である回路設計データを登録するシステムとしてALBサーバを公開、2009/12 利用受付開始
2010/5 ALB v1.13リリース
 - シミュレーションバックグラウンド事項
 - 設計データを共有するためにライブラリのimportやexportや、各種データのバックアップとリストア
2010/7 ALB v1.2リリース
 - ネットリストを直接編集しなくても済むように、回路素子値の変更を専用のフォームでできる
2010/10 ALB v1.25p
 - ドキュメント表示と設計表示の切り替えを高速化
 - ドキュメント作成のための機能が強化
  震災のため研究会は中止
2011/7 7/14に新横浜で開催された「第34回新横浜ITクラスター交流会」において、「パーソナルと共有を両立するアナログ回路設計統合システム」 というタイトルで企業プレゼン
2012/3 岡山大学で開催された電子情報通信学会総合大会の基礎・境界ソサイエティのチュートリアル「大学研究室における"実用"アナログCAD開発のすすめ」で、「 小規模企業と大学の共同開発を支援するWebベースアナログ回路設計統合環境」講演
2012/3 3月29,30日に横須賀で開催された電気学会電子回路研究会で「ALBユーザによる回路最適化プログラムの開発とALBへの組み込み」発表
2012/7 ALB/ALTA v1.46リリース
 - シミュレーションプラン(柔軟なスイープ解析)の作成を容易化
 - Linux 64bit版のサポート
2012/10 10月4日に熊本大学で開催される電気学会電子回路研究会において最適化機能などをコンパクトに具備したアナログ回路設計環境」発表
2013/4 ALB v1.49uリリース
 - SPICEモデル変換の完成度が向上
 - Chefを流用したPDK自動検証
 - アプリケーションノートの配布開始
2013/7 ALB v1.50r リリース
 - Cadenceから読み込んだカルキュレータの式をポストプロセスに使える
 - SPICEネットを比較する(例えばSpectreのネットと、LTspiceのネット)
 - 素子数を素子タイプ別にカウントする(評価版)
 − HOME画面でプロジェクトと、添付ファイル/ピクチャの一覧を表示できる
 - 添付ファイル/ピクチャにタグをつけることができる
 - ドキュメント画面とデザイン画面の切り替え設定を閲覧者側で設定できる
 - 専用のサポートページがある場合、HOMEページにリンクを表示する
2013/10 10/3に奈良東大寺で開催された電気学会電子回路研究会で「アナログ技術にフォーカスしたIC化設計のエコシステムをめざした回路設計CADの一課題」を発表
2013/10 ALB v1.51rリリース
 - ADSアシスタント、Matlab/SimulinkとVerilogAMSの取り込み、Verilog-Aモデル開発環境
 - ドキュメントエディタのバージョンアップなどにより、設計文書作成機能を改良
2014/1 ALB/ALTA v1.52リリース
 - ALTAにアイコン導入
 - ALTAに回路比較のGUI
 - Simulink assistantとXcos assistant
 - オンラインヘルプのアップデート
2014/3 3/8神奈川大学で開催された電気学会電子回路研究会で「オープンソースのシステム解析ソフトを適用する アナログ回路設計支援CADの一提案」発表
2014/3 ALB/ALTA v1.52sリリース
 - プロジェクト名称の日本語表示
 - 実測データの取り込み
Comments