rubyのインストールにruby-installをつかう

2014/07/30 18:51 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2014/07/30 19:05 に更新しました ]
しばらくrbenvのruby-buildを使ってきたが、--enable-sharedするのがめんどうそうだったので、chrubyとペアになっているruby-installに宗旨変えする。


ダウンロード:
    git clone https://github.com/postmodern/ruby-install.git

インストール:
    sudo make install

rubyのinstall例
    ruby-install -i /opt/rubies/2.0.0-p481 ruby 2.0 -- --enable-shared

    これで、ruby 2.0の最新版(2.0.0-p481)が、/opt/rubies/に入る
    
Comments