ニュース‎ > ‎

ALTA=コンパクトなアナログLSI設計環境

2012/09/13 9:25 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2012/09/13 9:30 に更新しました ]
ALTA(Anagix Local Tools Assistant)は、ALBサーバとLTspiceなどローカルPC上のパーソナルツールを連携させるプログラムですが、今回、各種の回路設計のための機能をALTA上に実現したので、利用者にとってコンパクトなアナログLSI設計環境に発展しました。 ALBと連携することで、業界標準のCADシステムと回路図レベルで相互変換が可能です。

回路設計のための機能として、具体的には、シミュレーションプラン(柔軟なスイープ解析)の作成を容易化し、GUI(Graphical User Interface)を工夫することで、様々なグラフの作成を容易にしました。またオープンソースのグローバル最適化ソフトとして知られるASCOに手を加えALTAで使用できるようにしました。
ALTAで使用するポストスクリプトをそのまま目的関数の記述に使用できるので、グローバル最適化を簡単に適用できます。 さらに、コーナ解析用のGUIも独自に作成し、LTspiceなどのパーソナルツールと組み合わせて使用する回路設計環境を実現しました。

小規模企業と大学によるユニークなアナログLSI開発などに活用していただければ幸いです。

10月4日に熊本大学で開催される電気学会電子回路研究会において、”最適化機能などをコンパクトに具備したアナログ回路設計環境”というタイトルで発表します。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。参加は無料です。
Comments