ubuntu12.04(32bit)にqt-4.8.5とQUCS-0.0.17

2013/08/24 2:37 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2013/11/15 18:05 に更新しました ]
QUCSを自力でmakeするために、qt-4.7.3(だったか)を使おうとしたがエラーが出たので、qt-4.8.5。
普通にconfigureすると以下のメッセージ
        This target is using the GNU C++ compiler (linux-g++).
        Recent versions of this compiler automatically include code for exceptions, which increase both the size of the Qt libraries and the amount of memory taken by your applications.
        You may choose to re-run configure with the -no-exceptions option to compile Qt without exceptions. This is completely binary compatible, and existing applications will continue to work.
おすすめにしたがって、以下のように-no-eceptionsした。
/configure --prefix=/usr/local/anagix_tools/qt-4.8.5 -no-webkit -no-exceptions

make && make install で特にエラーなし。(ubuntuには gmakeはなく、自分でシンボリックリンクすれば良いらしい)

QUCSも特にエラーなし。

-----------------------------------------------------]
CentOS 6.4 (64bit)サーバの場合、qtのconfigureで、Basic XLib functionality test failed!というエラーが
出たので、yum install libXext-devel.x86_64

注意: 2013-11-16追記
-no-webkitだと、Qt assistantのブラウザで日本語をどうしても表示できなかった
なので、-no-webkitを外してgmakeしなおした
Comments