windows10

WSLの制約
 1.32bitバイナリは動かない
 2.iso9660のマウント(mount -o loop -t iso9660)はダメっぽい

WSL (windows on ubuntu)のsshで、connection closed by ...
    apt-get remove openssh-server
    apt-get install openssh-server
    で正常動作するようになった。あと、/etc/ssh/sshd_configの設定とかやること。

Windows 10のリフレッシュメモ

初めてブルースクリーンに遭遇。そのあと、explorer(file browser)をメニュバーから実行すると以下のエラー。

explorer.exe -fatal application error failed to load appliction texts

スタートメニュで右ボタンすると出るメニュもほとんど上記のエラーを発するようになり
ました。途中で、ディスク修復のため再起動が必要とのメッセージがでて、再起動実行。

コントロールパネル→回復→システムの復元、を実行してみましたが、すごく時間が
かかったにも関わらず、再起動の画面で、ファイルが壊れていたので復元しなかった
というメッセージがでて失敗。おそらく、ディスクを修復したたために復元ポイントの
ファイルも壊れてしまったのだと想像します。

最終的に、設定→回復→このPCを初期状態に戻す、で個人用ファイルを残す、を
実行して、正常動作するようになりました。Windowsの再インストールも3時間くらい
かかりました。

そのあとが大変、プログラムと機能、を見ると当然のことながら追加インストールの
プログラムはすべて消えてますので、1つ1つインストールをようやく終了したとこ
です。半日仕事ですね。

windows8.1からアップデートした際の問題と対策をまとめます
1.問題1:bluetoothでテザリングできない
  現象: 接続方法として「アクセスポイント」が出ず、「直接接続」のみ表示される
  対策: lenovoのダウンロードサイト http://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds104074 から”Intel ワイヤレス LAN (11abgn, 11bgn, 11ac) (Windows 10 32bit, 64bit/ 8.1 32bit, 64bit/ 7 32bit, 64bit) - ThinkPad”をダウンロード
       ・nz1w301w_64.exe を実行
       ・再起動
       ・bluetoothデバイスを一度削除(スマホ側も切断)
       ・再度ペアリング
       これで、「アクセスポイント」に接続できるようになった

2.問題2: VirtualBoxで、ネットワークブリッジできない
       未解決

----------
WSLでの /dev/ttyUSB0

WSLでは、comXが/dev/ttySX にマッピングされる。com8だとすると、
 sudu ln -s /dev/ttyS8 /dev/ttyUSB0
とすれば、/dev/ttyUSB0を使うプログラムがそのまま動く
------
WSLでのドライブのマウント
mount -t drvfs D: /mnt/d

WSLでGladeは動かない???
 export  LIBGL_ALWAYS_INDIRECT=1 も、dbus-uuidgen |sudo tee /etc/machine-id
もapt-get install mesa-utils も効かず。
Comments