CentOS7.2にxrdp(英語キーボードが認識されない)

2016/02/26 23:09 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2016/03/05 18:53 に更新しました ]
日本語キーボードをつかていても英語キーボードのキー配置を使用するという特殊なユーザです。
CentOS7.2にxrdpをインストール、WindowsとMacと両方からアクセスしましたが、Windows(Lenovo X240s)は英語キーボードであるにもかかわらず、両方とも日本語キーボードと認識されます。/etc/xrdp/xrdp_keyboard.iniをいろいろいじったり、内容削除したりするも改善が見られず。xm-*.iniファイルをすべて削除すると、キーボード入力ができなくなる。なぜかわからないが、km-0409.iniとkm-0411.iniの内容を入れ替えたら意図した動きになった。

多分、WindowsとMacからは、xrdpに日本語キーボード(0411?)という情報が伝えられ、km-0411.iniが使用されるのだと思う。

一件落着かと思いきや、MacはOKだが、Windowsは解決してない。orz

Windowsは、km-e0010411.ini の内容をkm-0409.iniに変更することで解決した。やれやれ。

xrdpで、Gnomeの代わりにMATEを動かしたいのだがうまくできない。当面、重いけどGnomeで我慢していたが、
~/.Xclientsか~/.xsession(両方とも内容は、mate-session)をchmod +xしたらMATEに切り替えることができた。
参考: How to configure XRDP to start cinnamon as default desktop session
Comments