macメモ

Mac OS/X Lion, El CapitanにALB/ALTAをインストールするためのいろいろなメモ

Mac miniでLinux

2016/09/17 21:59 に 森山誠二郎 が投稿

しょうもないメモです。
【経緯】
 ・Mac miniにLinux Mint 17.3 KDEとneonをいれて、しばらくneonの不具合とたたかいながら、neonを使っていた
  このインストールでは外付けのHDDを使った。grubのインストール先は、/dev/sdb (外付けHDD)を指定したと思われる
  この時期、Mac電源投入後起動音がなるときにALTキーを押すと、MacとLinuxを選べてLinuxを選ぶとGrubになった
 ・2016/9にLinux Mint 18 KDEがリリースされたので、勇んでインストールした(外付けのHDDのMint 17.3を置き換えた)
  インストールの際、grubのインストール先を、誤って /dev/sda (内蔵HDD)を指定したように思う
  インストール直後の起動はできたが、その後MacOSを使ったあとからだと思われるが、Mac電源投入後にALTキーを押してもLinuxを選択できない
  不思議なことに、インストール用のUSBスティックは認識され、ALTキーで選択できる
 ・外付けのHDDは、192.168.0.106:/BKUP/KDEに、/dev//sdb3(Mint 7.3), /dev/sdb4(neon)のイメージと、neonの/homeだった/dev/sdb2をバックアップした
 ・外付けHDDに Mint 18 KDEを、デフォルトでインストールしたが、ALTで選択できない状況は続いた
【わかったこと】
 ・grubを/dev/sdaにいれてしまったために、内蔵HDDのEFIのパーティションのタイプ(本来はHFS+)がFAT32になってしまった
  そのため、ALTキーを押しても、外付けHDDが表示されない(外付けHDDのEFI(/dev/sdb1)をHFS+にしても状況は変わらない)
 ・Macの内蔵HDDのEFIパーティションを壊してしまった場合、修復はできず、OSをインストールしなおすしかないらしい
【で、どうなったか】
 ・最悪もう使わないかもしれないMacOSXを入れなおす覚悟で、その前に、rEFInd(UEFIブートローダ)というのをつかって、dual bootを試してみることにした
 ・そこで、何しようとしたのか忘れたが、私のキーボードの場合、CTRL+Shift+Rを押して再起動を試みたところ、何故か外付けHDDのLinuxがいきなり起動する(grub画面なしに)
 ・当面、この状態で運用することにした

El capitanで動かなくなる

2016/02/07 18:50 に 森山誠二郎 が投稿

1. scilabについてはscilab/xcos に書いた
2. Qt creator/designerはQt 4.8.7 をコンパイルし直す必要がある
  参考:

MavericksでALTA2を動かす準備

2015/10/08 18:44 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2015/10/09 2:45 に更新しました ]

1。chrubyでruby 2.1を使えるようにする(Homebrewでchrubyとruby-buildを入れればよい)
 Note: Homebrewの ruby-installでは、2.1.3しかinstallできなかった。バージョンアップされてないのかも。
ruby-install ruby 2.1してみると、couldn't understand kern.osversion '14.5.0'というエラーに書いてるように、以前入れたapple-gcc42が悪さしてるらしく、brew uninstall apple-gcc42すればOK
2。qtbindingsのinstall
   以前Homebrewで入れていたQt4.8.5では、"This version of Mac OS X is unsupported"のwarningが出るだけでなく、以下のエラーが発生。
Linking CXX shared library libqtruby4shared.dylib
Undefined symbols for architecture x86_64:
"_rb_float_new", "_rb_funcallv", "_rb_gc_writebarrier_unprotect_promoted", 
ld: symbol(s) not found for architecture x86_64
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
brew upgrade qtしたら、4.8.7_1が入った。しかし、エラーは消えず、rubyの作り直しが必要だった。
CC=clang CONFIGURE_OPTS="--with-gcc=clang --enable-shared" ruby-build 2.1.5 /opt/rubies/
参考:Unable to gem install on Mavericks, "Undefined symbols for architecture x86_64". #72

上記qtbindingsは、/usr/bin/ruby -v => ruby 2.0.0p48 でも確認したが、ruby 2.1.5をinstallしなおして、bundle installした場合、nokobiriのgem installでトラブル
3。nokogiri のgem install
# brew install libxml2 libxslt libiconv         #必須ファイルのインストール 
# brew link --force libxml2                        これをしないと、libxml2 version 2.6.21 or later is required! 
# brew link --force libxslt       のエラーが出る
そいで、
gem install nokogiri -- --use-system-libraries --with-iconv-dir="$(brew --prefix libiconv)" --with-xml2-config="$(brew --prefix libxml2)/bin/xml2-config" --with-xslt-config="$(brew --prefix libxslt)/bin/xslt-config"

サービスを起動しないようにする

2015/02/10 7:35 に 森山誠二郎 が投稿

  • List agents/jobs loaded using

    launchctl list
    
  • Remove an agent/job using

    launchctl remove <name>
    
  • Disable an agent/job for the currently booted session alone using

    launchctl unload <name>
    
  • Load an agent/job manually using

    launchctl load <name>

YosemiteでDNS名前解決ができない

2015/01/01 17:35 に 森山誠二郎 が投稿

システム環境設定のネットワークでDNSを設定してrebootしたらchromiumは名前解決できたが、pingはダメだし、firefoxがダメ
対策:
sh-3.2# launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.discoveryd.plist
sh-3.2# launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.discoveryd.plist
sh-3.2# ping www.cadence.com
PING www.cadence.com (192.203.56.67): 56 data bytes
64 bytes from 192.203.56.67: icmp_seq=0 ttl=50 time=118.747 ms
64 bytes from 192.203.56.67: icmp_seq=1 ttl=50 time=118.485 ms
^C

VLCで音がでない

2014/02/14 1:28 に 森山誠二郎 が投稿

今年2度目の大雪にあわてて雪道チェーンの付け方のビデオを ディスクに落としてみようとしたが、音が出ない。2.1.3という最新版に上げたら、全く問題なく音がでた。

Scilab-5.4.1 でModelicaをシミュレーションできない

2014/02/02 17:31 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2014/07/07 23:00 に更新しました ]

以下のエラーが(私のでは日本語)でる
http://bugzilla.scilab.org/show_bug.cgi?id=13020
BUG DESCRIPTION:
----------------
Try to run demonstration Xcos->Electrical system-> RLC circuit.

ERROR LOG:
----------
!sorry compiling problem                                                  !
!                                                                         !
! Function not defines por the data types of arguments    !
!                                                                         !
!  verify the arguments or define the function %s_grep for overload.  !
c_pass1: build the modelica meta-block failed 

 xcos_simulate: Error during updating the parameter blocks.  


http://bugzilla.scilab.org/show_bug.cgi?id=13011
に書かれたパッチを、5.4.1にマニュアル適用したが解決しない。5..5のリリースに期待。

2014/6/26追記: 5.5.0でModelicaが正常に動作することを確認しました
2014/7/8築城: Pathを変更したため、以下のエラーが出るようになってしまいました
!del *.bak                                                  !
!                                                           !
!/opscode/chef/embedded/bin/sh.exe: del: command not found  !
!                                                           !
!make: *** [clean] Error 127                                !
 
!sorry compiling problem                                               !
!                                                                      !
!ilib_compile: Makelib を実行中にエラーが発生しました.  !
c_pass1: build the modelica meta-block failed
 
 xcos_simulate: ブロックパラメータを更新する際にエラーが発生しました.

LibreOfficeで PDFエキスポートできない

2014/02/02 5:39 に 森山誠二郎 が投稿

ラードキュメントXXXXXの保存の際:
書き込みエラー.
ファイルに書き込みできませんでした。
上記のようなエラーがでる。
対策: 「エキスポート後にPDFを表示する」のチェックを外す

参考: https://bugs.freedesktop.org/show_bug.cgi?id=67756

Mavericksアップグレード後の不具合修正

2014/01/31 2:03 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2014/01/31 2:51 に更新しました ]

1。メモリーが不足するみたいで重くなる問題

 http://kouing.com/2013/11/10/mavericks-3/
 にしたがって、アクセス権の修復をしたら、改善した

2。Crashplanが正常に動かなくなった
 クライアント側のファイル選択が行われていないような状態表示になった
 https://support.code42.com/CrashPlan/Latest/Troubleshooting/Clearing_Your_Cache_For_Quick_Fixes
 にしたがってcacheを削除し、restartすると良くなったように見える

 一度 Unable to connect to the backup engineというエラーが発生し、CrashPlanDesktopがsplash screenで止まるようになった
http://support.code42.com/CrashPlan/Latest/Troubleshooting/Stopping_and_Starting_The_CrashPlan_App に従って、以下の
 ようにサーバを再起動したところ復旧した。
  • Stop: sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.crashplan.engine.plist
  • Start: sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/com.crashplan.engine.plist

1-10 of 22