USBを使ったReverse Tethering

2017/04/09 6:14 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2017/04/09 6:16 に更新しました ]
root化しなくてできるリバーステザリングをやった
基本 https://github.com/vvviperrr/SimpleRT に書いてる通り、SimpleRTを使う
1.上記に含まれる apk をandroidにインストール
 サービスとして起動される
2.上記からSimpleRTをcloneし、Makeする
 実行モジュールは、./SimpleRT/simple-rt-cli/simple-rt なので、以下で実行する
./simple-rt -i enp2s0f0
 enp2xxxは、イーサポート
3. androidをUSBでつなぐと、androidにフォームが出るのでOKする
 この状態で、androidからLinuxのネットワークを使ってインターネットできる
 androidに発行されたIPアドレスは、SimpleRTのログに表示される
 例えば 10.1.1.4とか
 tunnelデバイスはSimpleRTがつくってくれる

メモ:
1. "端末エミューレーション"アプリを動かすとコマンド使える
 キーボードは、Hacker Keyboardなどに変えないと、いつものだと文字が入らないのに注意
2. SSHDroidアプリを動かすと、sshでandroidにログインできる
 ssh -p2222 10.1.1.4 とか IDはrootで、パスワードはadmin
 注意: startできないときは、一度 WiFiで接続した状態でSSHDroidをstartしWiFiを止めるとよい
3.androidをルータにする設定はできてない。root化しなくてはダメだろう。
4.そこで、androidにproxyをたてようとDronyをいれたがうまくいかないLinuxからproxyに接続は
 できるようだが、Dronyからインータネットにアクセスできない

root化するのであれば、参考: 
Comments