Rails4ベース移行:ckeditor

2014/03/29 3:27 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2014/08/18 18:09 に更新しました ]
0。Gemfileにckeditor, hobo_ckeditorを追加して bundle install
1。ckeditorの組み込み
rails generate ckeditor:install --orm=active_record --backend=paperclipを実行
   以下のファイルとmigration fileが作られるので、rake db:migrate
config/initializers/ckeditor.rb
config/route.rbに  mount Ckeditor::Engine => '/ckeditor'
app/models/ckeditor/asset.rb, app/models/ckeditor/picture.rb, app/models/ckeditor/attachment_file.rb
   app/assets/javascripts/front.jsに以下を追加
//= require ckeditor/override  (4.1では不要だった)
//= require ckeditor/init
 config/application.rbに以下を追加
config.autoload_paths += %W(#{config.root}/app/models/ckeditor)
config.assets.precompile += Ckeditor.assets
(productionのために必要と思われる)
2。hobo_ckeditorの組み込み
    hobo generate install_plugin hobo_ckeditorを実行すると以下のファイルが作られる
app/assets/javascripts/front.js
app/assets/stylesheets/front.scss
app/views/taglibs/front_site.dryml
3。app/modelsの対象のモデルのテーブルのタイプを htmlから、cktextにかえる

Live CKEditor in Hobo by Stefan Haslinger は、showページでclick editする場合の技で、ふつうにeditページでの編集は、上記で十分。

参考

追記(H26.8.19)

    Gemfileに以下の記述をすれば最新版を取り込める

        gem 'ckeditor', github: 'galetahub/ckeditor'

    注意: gem 'ckeditor', :git => "git@github.com:galetahub/ckeditor.git" とすると(どこかの記事からパクった)、sshキーの設定をしなくてはならなくて面倒だった


Comments