Artistメモ

IC615でdlopen failed to open 'libdl.so ERROR

2017/08/17 18:53 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2017/08/17 19:42 に更新しました ]

環境変数 CDS_AUTO_64BIT をALLにすれば解決

linux mint 18.1でic5141

2017/03/29 5:09 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2018/04/06 7:56 に更新しました ]

特になにもしなくても (apt-get install tcshはした)、icms -nosplashで動いた
---------------------------
KDE Neon 5.11の場合:
        sudo apt-get install libxt6:i386
が必要だった。

dockerでic5141

2017/03/29 5:07 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2018/04/05 22:28 に更新しました ]

1. docker pull centos:centos6 でcentos6.8を入れる
2. xhost +
3.  docker run -it  --volume /home/seijirom:/home/seijirom -v /cds:/cds -v /tmp/.X11-unix:/tmp/.X11-unix -e
DISPLAY=$DISPLAY --net=host centos:centos6 /bin/bash
4. yum install xeyes util-linux libXt.i686 libXp.i686 csh
5. PATHを張って icms -nosplash

Cadence virtuoso IC615 on Linux mint (ubuntu 14.04 base)

2014/07/23 0:51 に 森山誠二郎 が投稿

apt-get install ksh csh
replace /eda/cadence/IC6.15.171/share/oa/bin/sysname with http://pastebin.com/rna3Y4nk
ln -s /usr/bin/awk /bin/awk

not completed yet

CentOS 6.4でIC5141

2013/06/21 21:12 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2013/06/21 21:14 に更新しました ]

After launch icfb, I got the following error:

 X Error of failed request:  BadName (named color or font does not exist)
  Major opcode of failed request:  45 (X_OpenFont)
  Serial number of failed request:  15
  Current serial number in output stream:  30

icfb -nosplash でとりあえず起動できる

CentOS 6.4(64bit)で、IC615

2013/05/27 23:10 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2013/06/11 2:06 に更新しました ]

注意:2012/6時点ではIC615は正式にはRHEL6をサポートしてなかった。
   参考:http://www.cadence.com/Community/forums/t/22820.aspx

1。iscape.shでインストールする際、yum install libXext.i686 libXtst.i686の必要があった
2。verilog-aを使用すると以下のようなエラーがずらずら
   /usr/include/gnu/stubs.h:7:27: error: gnu/stubs-32.h: No such file or directory

This error message shows up on the 64 bit systems where GCC/UPC multilib feature is enabled, and it indicates that 32 bit version of libc is not installed. There are two ways to correct this problem:

  1. Install 32 bit version of glibc (e.g. glibc-devel.i686 on Fedora, CentOS, ..)
  2. Disable 'multilib' build by supplying "--disable-multilib" switch on the compiler configuration command

ということなので、素直にglibc-devel.i686をyumインストールする

dbAccessは32 bit版だったので、yum install libXp.i686の必要があった(2013/6/11追記)

ネットリストがweird

2012/09/27 8:17 に 森山誠二郎 が投稿

某大学でR社のPDKを使ってspectreでシミュレーションしようとしたが、ネットリストがおかしい。
mos2などどこにも使ってないのに、MXX 1 2 3 4 mos2 w=5u のようなネットリストが生成される。
ほかにも困っている人が居た:
http://www.designers-guide.org/Forum/YaBB.pl?num=1208996002
結論は、setenv CDS_Netlisting_Mode Analog
を設定すること。自分の環境では明示的に指定したことはなかったが、必要だった。


CentOS5.5(64bit) でIC615

2012/05/24 22:59 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2012/07/02 19:37 に更新しました ]


yum install libXp
yum install elfutils-libelf
が必要でした

verilog-aの入ったモデルを使う場合は、
yum install glibc-headers glibc-devel
が必要でした

Skill command to dump a cellview

2011/05/03 16:48 に 森山誠二郎 が投稿   [ 2012/10/14 21:53 に更新しました ]

dbWriteSkillWithLib
Create a file that contains all the SKILL comands needed to recreate a cellview.

dbWriteSkillWithLib cv "/tmp/dump.il" "w" "4.4"

The difference between dbWriteSkill and dbWriteSkillWithLib is the library name is not written in the SKILL code when using dbWriteSkillWithLib. Instead a SKILL variable, dbD_NewLibNameForDump, is written whose value can be set to the name of the target library before loading the SKILL file. 

Skillの環境

2011/04/18 23:32 に 森山誠二郎 が投稿

getVersion()で、どこで走っているかわかる
isCallable 'kansuumei で関数が定義されているかはわかる

1-10 of 17