ALB用にLinuxへLTspiceをインストール

Post date: 2009/12/20 13:12:59

  1. ALBはrootではなく、一般のユーザのアカウント(anagix)でインストールしますので、ALB用ユーザアカウント(anagix)を準備します
  2. ltspiceをlinuxマシーンで実行するために、windowsエミュレータのwineをroot権限でインストールする必要があります
    1. RHEL4の場合、以下のWebページが参考になります:
      1. はじめての自宅サーバ構築 Fedora/CentOS - Windowsエミュレータ(wine)
      • RHEL5の場合は、yum install できるようです
    2. ubuntuの場合、Wine HQのダウンロードサイトの設定でインストールできます
  3. ltspiceはwine環境にインストールできます
    1. ltspiceのインストールはALBユーザアカウントでおこないます
    2. ltspiceは以下からダウンロードします
      1. http://www.linear-tech.co.jp/designtools/software/ltspice.jsp
    3. firefoxでダウンロードした場合、wineプログラムで開くように選択すると
      1. LTspiceのインストールフォームが出るので、契約文書をacceptし
      2. Install Nowを実行します
    4. LTspice IV has been successfully installedとでればOKです
      1. ~/.wine/drive_c/Program Files/LTC/LTspiceIV/ にインストールされています
      2. インストールディレクトリを変えるとALBからLTspiceを起動できないので注意してください
  4. ltsputilのインストール
    1. ltsputilはltspiceの出力バイナリファイルを読み出すプログラムです。
    2. expert-designersポータルサイト(2012年6月現在運用停止しております。)
      1. にltsputil_2_94.zipがありますのでダウンロードし
      2. 上記ltspiceのインストールディレクトリ(~/.wine/drive_c/Program Files/LTC/LTspiceIV/)
      3. に展開してください
      4. expert-designersポータルサイトのコミュニティ->Anagixにあるキャビネットの中です
      5. YahooのLTspiceのユーザグループのメンバーになってそこから取る事もできます
    3. ltsputil.exe をコピーした場合、実行パーミッションを設定するため以下を実行しましょう
      1. chmod +x ltsputil.exe
      • 注意: zipファイルをunzipした場合も実行パーミッションを付ける必要があります
    4. ltspiceはモデル参照が解決しない場合、エラーメッセージがXウィンドウにポップアップ
      1. する仕様になっているので、Xウィンドウを確保するためにvncserverを使います
      2. RHELへのインストールは以下のWebページが参考になります
      3. はじめての自宅サーバ構築 Fedora/CentOS - リモートデスクトップ接続(VNC)
      4. CentOS4.8のデスクトップ版にはvncserverが入ってましたが、以下の設定が
        1. 必要でした
        • mkdir /usr/X11R6/lib/X11/xserver
        • ln -s /etc/X11/xserver/SecurityPolicy /usr/X11R6/lib/X11/xserver/SecurityPolicy
      5. ALBのアカウントでvncserverを起動します
      6. localhost:1 でvncviewerに接続できることを確認してください
      7. Firewallでportが閉じている場合、RHEL/CentOSでは以下のように変更します:
        • /etc/sysconfig/iptablesに以下の記述を加える(:1, :2に対応、あとは適宜追加)
          • -A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5901 -j ACCEPT
          • -A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5902 -j ACCEPT
        • /etc/init.d/iptables restart