最新ニュース:3/7にミニマルEDAの試作→評価→再設計サポートについて発表します

3月7,8日に開催される電気学会電子回路研究会(@横河電機本社)でミニマルEDAについて発表します。

https://www.ieej-ect.org/ect/ectp/2019/p19-03-07.html

タイトルは「ミニマルEDAにおけるLSI試作および再設計効率化の検討」。回路設計の再利用(による低コスト化)を進めるためJupyter Notebook技術を導入しましたが、それを更に使いやすくしたというのがポイントの1つ。それから、最短3日での試作が可能なミニマルファブの特徴を活かすために重要だと考える、試作→評価→再設計のプロセスの低コスト化が主要なテーマです。ミニマルEDAの守備範囲をこの分野にまで広げ、Jupyter Notebook技術を、ミニマルプロセス条件の最適化に適用することを’狙いました。具体的にはプロセス条件のような外部変数をSPICEモデルパラメータに変換する変換器(Model Activatorと呼んでます)をALTA上に開発し、Jupyter Notebookから利用できるようにします。

デバイスの測定データからSPICEモデルをチューニングし、シミュレーション結果と収集した回路の実測データを比較することを考えてみてください。これらのデータをすべてALBに集積し、ALTAから操作できることを目指します。すべての工程をJupyter Notebook上で実行できれば、ドキュメントとして理解が容易であると同時に、追試が容易となり、同種の案件への適用(再利用)が可能となります。

聴講の参加は、学会員でなくても無料ですので、ぜひご参加ください。


費用をかけずにアナログLSI開発を始めることのできるアナログ回路設計統合システムWebベースの回路設計環境ALB (Anagix Library Builder)およびALTA(Anagix Local Tools Assistant)を使えば、アナログ半導体集積回路の設計効率を向上すると同時に EDAコストを低減することができます。ALBはサーバとして回路データや設計文書をWeb(インターネットやイントラネット)上で管理します。また、半導体回路設計で標準となっているCadence Virtuoso用のPDKをLTspice用に変換したり、回路図を相互に変換することができます。ALTAは、大掛かりなLSI回路設計設備を導入しなくてもアナログLSI開発のできるコンパクトな回路設計環境を提供します。LTspiceなどパーソナル回路設計ツールを起動できるだけでなく、スイープ解析、コーナ解析のほか、ASCOを利用したグローバル最適化技術も利用できます。ALTAは、ユーザのパソコン(Windows,MacOSXなど)で動作します。ALTAはALB製品に含まれています。概要は、企業プレゼンスライド、技術の詳細は、WhitePaper(小規模企業と大学の共同開発を支援する Webベースアナログ回路設計統合環境および最適化機能等を備えたアナログ回路設計環境)をご覧ください。ALB(Anagix Library Builder)とはWebブラウザから使える設計再利用に適した回路設計環境(製品情報はこちら)です。無料のLTspiceなど各種の回路シミュレータを実行できます。また、回路IPに設計情報、シミュレーション結果、コメント、 説明図などを簡単に付加できます。ALBは、パブリッククラウドとしてインターネット上のAnagixサーバ(試用は無料です)や、プライベートクラウドとしてイントラネットにインストールして使うことができます。評価用にパーソナル版も用意しています。ALBをベースにしたソルーションがアナログファイナライザです。既存のEDAツールを補完するもので、再利用のための文書作成とデータ管理を容易にします。

アナジックスのポリシー

1.最高のフリーソフトを最大限活用し最小のコストで最大の満足を提供します

2.顧客を大切にし、誠心誠意をもって仕事をします

3.納期を守ります

お問い合わせ先

弊社への問い合わせ、ご意見は以下の連絡先にお願いいたします。

sales@anagix.com (広告宣伝お断り)

アナログ設計に関連してお困りのこと、ご提案など是非およせください。

アナジックスは、2009年1月にアナログ設計の支援を目的に創業しました(めざすもの)。

半導体製造プロセスの微細化はメモリやCPUなどのデジタルが牽引していますが、現実世界はアナログであり、SoC(System on Chip)の実現にはアナログ技術が欠かせません。

設計者のカバーしなくてはならない技術領域はますます広がっています。デジタルアシスト技術(微細化によりふんだんに使えるようになった高速なデジタル回 路を使ってアナログ回路の性能を向上する技術)がホットな話題となっていますが、アナログ回路設計技術とデジタル信号処理技術を縦横無尽に使いこなせなくては なりません。

デジタルに比べるとアナログ設計の自動化ははるかに遅れています。仕様定義が複雑であること、モデル作成の難易度が高いこと、シ ミュレーション時間が長いこと、などの理由が考えられますが、アナログ設計に関わる人口の少なさ、アナログ設計自動化のインパクトが業務全体から見れば大きくないことも原因です。

アナログ設計の生産性を画期的に向上しなくてはならないと考えます。アナログ設計を個人芸から集団で使える技術に変えていくこと、アナログ設計の確実性を向上すること、が重要です。アナジックスでは、モデリング、シミュレーションの精度向上はもとより、技術の再利用容易化、さらにIT技術を活用した自動化に取り組みます。